高調波電流規制
変電・配電設備から見ると高調波電流成分はノイズとなり、この成分が多いと送電量の増加することになる。

特にコンデンサインプット型のスイッチング電源は高調波電流が大きいため、既存の設備への負担が増大することから規制する必要がある。